掃除機家電

SHARP POWER CYCLONE EC-CT12は吸引力が決め手

今回紹介するのは、シャープのサイクロン式掃除機です。
白と黒のコントラストがいい感じです。

POWER CYCLONE EC-CT12の機能と特徴

空気とゴミを分離する遠心分離式サイクロン

SHARPのこのモデル、POWER CYCLONE EC-CT12には、なんと「遠心分離式サイクロン」なる機能が採用されています。これがどういった機能かというと、高速に旋回する気流によって、空気とゴミを遠心分離してしまう機能のようです。

サイクロン掃除機として吸引力は十分なPOWER CYCLONE EC-CT12

ユーザの反応として、吸引力の高さを挙げる声が多いのも魅力ですね。低価格ですが、このPOWER CYCLONE EC-CT12はダイソンのような強力なサイクロン掃除機に近い吸引力を持っているようです。少し掃除しただけでも、大量のゴミがダストボックスに溜まっていて驚いたという声もあります。

サイクロン式なEC-CT12のお手入れは簡単?

手入れは紙パック方式よりも楽なようです。ただ、フィルター掃除のときは、小さめのブラシが付属しているのですが、それを使わなければ取れにくいようです。

静かなモードも搭載!POWER CYCLONE EC-CT12の静音性

音ですが、静かなモードを選べるので、夜間はそちらの使用が賢明かなと思います。ただ吸引力が落ちてしまうのが難点。
吸引力が強いモードにすると、今度は音も大きくなってしまうので、そっちは昼間向きですね。

POWER CYCLONE EC-CT12をまとめると・・・

ハンディではなく、昔ながらの掃除機の形状、そしてサイクロンということから推察できるとおり、かなり吸引力に重点が置かれており、もちろんそれだけに吸引力が高いようです。
価格ですが、やはり、この吸引力の強さで1万円以内で買えるのは魅力ではないでしょうか。POWER CYCLONE EC-CT12、我が家にも検討してみたいところですね〜。

Editor's Rating
77
本文にも書きましたが、POWER CYCLONE EC-CT12は吸引力が強いのが魅力ですね〜。コードレスでなく、昔ながらの掃除機の正統進化という感じがしますね。
デザイン 85%
動かしやすさ 60%
吸引力 85%
価格 80%
Previous post
SHARP トップテーブル採用の小型冷蔵庫 SJ-H12Y-S
Next post
ダイソンDC61MH、コードレスの機動性と圧倒的な吸引力