家電電気ケトル

Russell Hobbsの電気カフェケトル7110JPは沸騰時間が爆速

この前まで掃除機の記事ばかり作っていて掃除機のサイトみたいになってたのに、急にやかんの事を書き始めると、迷走してるような感じが出ますね!

今回は電子ケトルです。もう見た目からおしゃれな感じを醸し出しています。

Russell Hobbs 7110JPの機能と特徴

瞬間湯沸かし器+ケトルといったところでしょうか。
曲線のフォルムに、高級感が漂っています。

これ、デザインだけでちょっと欲しいなと思って、題材に選んでみたんだけど、いま色々調べてるうちに、またすごく欲しくなってきました・・・。この影響されやすさ。よく今まで絵画とか買わされずに生きてこられたものですね。

カップ1杯ならたったの60秒!7110JPなら沸騰まで待ったなし。

カップ1杯分(130ml)なら約60秒で沸騰

えー。60秒。お湯が沸くのに60秒ですよ?
じゃあ、うちにある、ホームセンターで1,980円で買った瞬間湯沸かし器はなんなの?
あれは「瞬間」湯沸かし器じゃなかったの?

お湯を入れた後、沸くまで数分かかるから、席に戻ってインターネットしてたら、いつの間にか30分ぐらい経ってて、また沸かし直して、また冷めてて、沸かし直して、冷めてて、何度やり直しても同じ結果、みたいな、お前タイムリープしてね?みたいな、あの世界線から脱出できるわけですよ。この湯沸かし器を、「Russell Hobbsの電気カフェケトル7300JP」を買えば!

まあ、とにかく温まるのが早いというわけですね。

お湯を入れるときにこぼれ無い、7110JPのデザインUX

あと、注ぎ口が細いからお湯を入れるときに便利という声がありました。確かに、細い注ぎ口の方が、ある程度収束されて飛び散らない気がします。これは思わぬ利点ですね。

Editor's Rating
83
今回の欲しい度はこんな感じ。やっぱりデザインがいいからそれだけでも欲しいRussell Hobbsの7110JP。あと沸騰の速さ、これですよ。
デザイン 90%
待ち時間 90%
使いやすさ 80%
価格 75%
Previous post
TWINBIRDハンディサイクロン掃除機HC-E251GYの吸引力
Next post
ハイアールのシンプルで低価格な全自動洗濯機 JW-K42H